haru7716の旅だより

主に旅日記です(車中泊・登山)今後色々カテゴリを増やす予定です

ADV150で2020年夏の北海道ツーリング(day6)

2020.8.12

 

朝5時起きです!

f:id:haru7716:20200830202643j:plain

雨は降ってないな。

前日申し込んだ「熱気球体験」の為に

早起きしました。

当日、運営に確認の電話を入れるように

指示があったので電話すると・・・

 

「本日の熱気球体験フライトは

天候不良により中止となりました」

 

えぇ!!!

 

まじかぁ・・・

これの為に前日予定変更して

わざわざ帯広まで来たのにぃ・・・

外晴れてんじゃん~

なんでぇ~

 

多分、風が強いんだろうと思い

確かめようとしましたが

作りが元ラブホだけに

窓が全然開かない(笑)

 

仕方が無いので2度寝しようとしましたが

せっかく帯広で早起きしたんだから

市場食堂のアレを食べに行くことにしました。

 

とりあえずチェックアウトはせずに

空荷で出発です。

f:id:haru7716:20200830203351j:plain

荷物積んでないと

すごい楽(笑)

 

外に出たら風が強い!

これじゃ、熱気球は無理ですね。

 

ホテルから5分ほどで市場に到着しました。

f:id:haru7716:20200830203457j:plain

f:id:haru7716:20200830203553j:plain

もちろん狙いは

1日20食限定

「寿司の朝定食 600円」

f:id:haru7716:20200830203808j:plain

いざ尋常に!

勝負!

f:id:haru7716:20200830203919j:plain

勝ちました

\(^o^)/

f:id:haru7716:20200830203942j:plain

発券番号16番

am6:30開店攻めましたが

それでもギリギリセーフでした。

 

このクオリティで600円ですからね!

f:id:haru7716:20200830204130j:plain

ネタは仕入れ状況で変わるようですが

本マグロにサーモンその他色々

東京とかなら3,000円以上はすると思います。

特に鯨が入ってたのには驚いた!

これだけでも1貫いくらするのでしょうか?

 

今年からEEZ内でミンククジラの

捕鯨を再開しましたが

まだまだ高級品だと思います。

 

大満足で市場からホテルに戻ります。

f:id:haru7716:20200830204850j:plain

今日の目的地は旭川なので

それほど距離は走りません。

それに、六花亭が9時開店なので

チェックアウト時間の間際まで

のんびりしてました。

 

荷支度をして出発です。

f:id:haru7716:20200830205039j:plain

今日も良い天気~♪

なんて走ってたらどんどん帯広から

離れていきます。

音更あたりで思い出す

「あぁ~六花亭行くの忘れた!

サクサクパイがぁ~」

やってしまいました(笑)

 

戻るにはもう面倒くさい距離

ん~どうしよう

なんて悩んでいたら

「柳月」の工場を発見

近くまで行ってみると

f:id:haru7716:20200830205723j:plain

工場見学出来そうじゃん!

六花亭を諦めて柳月に行きます(笑)

この素晴らしい臨機応変な対応!

私はマルセイバターサンドと同じくらいに

三方六も大好きです。

f:id:haru7716:20200830210021j:plain

お庭も手入れが行き届いていて

ここでのんびりするのも良いかなと思います。

f:id:haru7716:20200830210137j:plain

では、お邪魔します。

f:id:haru7716:20200830210224j:plain

1階は広大な柳月製品の販売所

地方発送などもOKのようです。

工場限定三方六とかもありました。

f:id:haru7716:20200830210441j:plain

そして柳月といえばケーキです!

保冷ケースの中にケーキが沢山

これは後で頂きましょう。

 

まずは工場見学

2階に上がります。

至る所に張り紙があり

「工場内撮影禁止」

仕方ないですね。

 

三方六の製造工程が物凄く面白かったのですが

是非実際に行ってみてください。

こうやって、あの形になるのかぁ

と、納得します!

 

簡単に説明しますと

1.1本のバームクーヘンをローラーで焼く

2.別のローラーに移し、マーブルチョコをかける

3.チョコが固まったらローラーから取り出す

4.縦長の筒の中に巨大なバームクーヘンを入れる

5.筒を機械にセット

6.下から8等分の三方六の形をした針金が

 筒の下からにょきっと出てきて切り取る

7.今度は横の長さを機械にセットし切る

8.人が完成品と不良品を振り分ける

こんな感じです。

 

あと、徹底してるなと感心したのが

作業をしている人の中に

コロコロ担当の方がいて

常に工場内の人を背後からコロコロをかけて

髪や埃などが出ないようにしていました。

コロコロ担当の方は

1日中コロコロをしているのでしょうか?

 

工場見学も終わったので

ケーキタイムです!

「プリンケーキ 200円」

もしかしたら工場直販は安いかもしれません。

 

そして、柳月も六花亭同様

コーヒーのサービスがあります。

f:id:haru7716:20200830211846j:plain

六花亭を忘れて柳月に来ましたが

大正解だったと思います。

次に帯広行く時は、両方立ち寄ることにします。

 

では、出発します。

 

道の駅「ピア21しほろ」の横を通り

目指すはナイタイ高原

f:id:haru7716:20200830212205j:plain

この天気ですから絶景のはずです。

f:id:haru7716:20200830212231j:plain

牛たちのお出迎え

f:id:haru7716:20200830212257j:plain

女子アナもお出迎え

f:id:haru7716:20200830212313j:plain

ナイタイ高原到着

f:id:haru7716:20200830212508j:plain

大絶景

まさにThe北海道

f:id:haru7716:20200830212554j:plain

f:id:haru7716:20200830212618j:plain

カップルばっか・・・

f:id:haru7716:20200830212708j:plain

ここはデートスポットなのか?

ぼっちの漢は来ちゃダメなのか?

と言うことで退散します。

 

国道273号線を走ります。

f:id:haru7716:20200830212957j:plain

f:id:haru7716:20200830213007j:plain

ここら辺の茂みの中に入って

タウシュベツ川橋梁を見に行きます。

f:id:haru7716:20200830213102j:plain

まあ、注意はします。

f:id:haru7716:20200830213142j:plain

歩くのは少しだけです。

f:id:haru7716:20200830213228j:plain

すると少し開けた所に出ます。

f:id:haru7716:20200830213251j:plain

タウシュベツ川橋梁

f:id:haru7716:20200830213320j:plain

橋梁のそばまで行く方法は2つ

1.上士幌の役場で林道の通行許可を貰う

(面倒くさそうだし、鍵を借りるので返す手間がある)

2.昨日私がチャレンジしたようにツアーに申し込む

 

ほとんどの人はツアーに申し込んでいるようです。

多人数で行けばヒグマ対策にもなりますからね。

f:id:haru7716:20200830213642j:plain

もう、いつ崩れるかわからない状態らしいので

現存しているうちに見る事が出来て良かったです。

f:id:haru7716:20200830213815j:plain

再び国道273号線を走ります

f:id:haru7716:20200830213942j:plain

絶景ロードです

そして三国峠

f:id:haru7716:20200830213959j:plain

f:id:haru7716:20200830214101j:plain

f:id:haru7716:20200830214112j:plain

このまま旭川方面へ走ります。

f:id:haru7716:20200830214201j:plain

それでは涼みに行きましょう。

層雲峡に立ち寄ります。

f:id:haru7716:20200830214232j:plain

f:id:haru7716:20200830214254j:plain

文明の力を借りて行けるところまで登ります。

f:id:haru7716:20200830214337j:plain

ロープウエイと7合目リフトの往復セット券が

通常3,000円ですが

モンベル会員だと2,700円です。

登山口にあるロープウエイとかは

モンベル割引がある所多いですね。

f:id:haru7716:20200830214505j:plain

大雪山旭岳~黒岳縦走のイメージトレーニン

f:id:haru7716:20200830214604j:plain

5合目到着

f:id:haru7716:20200830214636j:plain

f:id:haru7716:20200830214647j:plain

5合目から7合目まではリフトです

f:id:haru7716:20200830214721j:plain

f:id:haru7716:20200830214755j:plain

あっという間に7合目

f:id:haru7716:20200830214822j:plain

f:id:haru7716:20200830214847j:plain

大絶景

f:id:haru7716:20200830214911j:plain

f:id:haru7716:20200830214942j:plain

f:id:haru7716:20200830215012j:plain

寒くなったので帰ります。

夏の恰好では冷えます(笑)

f:id:haru7716:20200830215051j:plain

f:id:haru7716:20200830215116j:plain

下りロープウエイからの眺め

f:id:haru7716:20200830215134j:plain

それでは、旭川に行きましょう。

 

あっ、ちなみに今日もホテルです。

昨晩、帯広のホテルで奥義炸裂させてます。

もう、腰とお尻が痛くて

ベッドでなければ眠れそうにありません…

この時点で「もうキャンプしないかな」

と思い始めてます(笑)

 

f:id:haru7716:20200830215407j:plain

なんとか日没前に旭川市内に入りました。

f:id:haru7716:20200830215432j:plain

ホテル到着

やった~

今日のホテルもバイクを屋内に止められる!

f:id:haru7716:20200830215527j:plain

f:id:haru7716:20200830215545j:plain

ホテル外観

f:id:haru7716:20200830215623j:plain

もうこの違和感最高\(^o^)/

ここのホテルは前日の帯広とは違いました。

 

なにせこの潔さ!

「改装なんかしねぇぞ

どう言うホテルだったかわかるよな!」

って主張が物凄い

だって、客室階がこれだもん!

f:id:haru7716:20200830215918j:plain

f:id:haru7716:20200830215929j:plain

ルームナンバー光ってないけど

入室してOKですよね?

f:id:haru7716:20200830220042j:plain

では、はいりまぁ~す

f:id:haru7716:20200830220140j:plain

中もそのまんまかい!

f:id:haru7716:20200830220209j:plain

照明とか有線とかボタン押しまくりました!

あと、一応ティッシュの裏も確認しました(笑)

f:id:haru7716:20200830220306j:plain

ゴムは無かったです(-_-;)

f:id:haru7716:20200830220354j:plain

BOSSのスピーカー

f:id:haru7716:20200830220534j:plain

各お部屋のご案内

f:id:haru7716:20200830220608j:plain

洗面台

f:id:haru7716:20200830220642j:plain

トイレ

f:id:haru7716:20200830220658j:plain

浴槽(もちろん2人サイズ)

f:id:haru7716:20200830220744j:plain

シャワーが2口

ジェット機能付き(使用不可)

f:id:haru7716:20200830220833j:plain

最高でしょ!

 

今日もこんなお部屋で

一人熱い夜です!

 

では、晩御飯に出かけます。

山頭火 旭川本店

f:id:haru7716:20200830221043j:plain

f:id:haru7716:20200830221002j:plain

うまい!

f:id:haru7716:20200830221017j:plain

今日は天気に恵まれ

充実した一日でした。

 

それでは、元ラブホに戻りましょう

f:id:haru7716:20200830221158j:plain

おやすみなさい

 

あすは札幌です

藩士として聖地巡礼をします。